文化遺産オンライン

偈頌

げじゅ

作品概要

偈頌

げじゅ

/ 南北朝

夢窓疎石筆

南北朝時代・14世紀

彩箋墨書

1幅

大きな椿の花と枝を刷り出した舶載(はくさい)の料紙に、淡墨の美しい草書体で揮毫(きごう)される。一般に禅宗僧侶の筆跡は個性豊かな、破格のものが多いが、これは穏やかな和様の書風である。師であった一山一寧(いっさんいちねい)の影響と考えられる。

偈頌をもっと見る

夢窓疎石筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

山一 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索