一行書「不労心力」 いちぎょうしょ ふろうしんりき

 / 南北朝 

夢窓疎石筆
南北朝時代・14世紀
紙本墨書
1幅

夢窓疎石は動乱の時代に公武の為政者の崇敬を集めて、その精神的支柱の役割を果たし、室町時代における臨済禅(りんざいぜん)の隆盛(りゅうせい)の基を作った。この書は、隋代の禅僧鑑(かん)智(ち)僧(そう)璨(さん)(?~606)の著『信心銘(しんじんめい)』中の句「虚明自照、不労心力」による。本来は対幅か。

作品所在地の地図

関連リンク

一行書「不労心力」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一行書  「花開万国春」
偈頌
偈頌

夢窓疎石筆

瑞泉寺境内
一行書「諸悪莫作衆善奉行」
不動明王像
不動明王像

龍湫周沢筆

ページトップへ