文化遺産オンライン

一行書「不労心力」

いちぎょうしょ ふろうしんりき

作品概要

一行書「不労心力」

いちぎょうしょ ふろうしんりき

/ 南北朝

夢窓疎石筆

南北朝時代・14世紀

紙本墨書

1幅

夢窓疎石は動乱の時代に公武の為政者の崇敬を集めて、その精神的支柱の役割を果たし、室町時代における臨済禅(りんざいぜん)の隆盛(りゅうせい)の基を作った。この書は、隋代の禅僧鑑(かん)智(ち)僧(そう)璨(さん)(?~606)の著『信心銘(しんじんめい)』中の句「虚明自照、不労心力」による。本来は対幅か。

一行書「不労心力」をもっと見る

夢窓疎石筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 疎い / /

関連作品

チェックした関連作品の検索