文化遺産オンライン

天王立像

てんのうりゅうぞう

作品概要

天王立像

てんのうりゅうぞう

彫刻 / 平安

平安時代・10~11世紀

木造

1躯

重要文化財

 カツラ材一木造【いちぼくづく】りの天王像。本体から岩座までを通して縦一材で造り、体部背面2ヶ所に内刳【うちぐ】りをほどこす構造である。端正な体形や黒眼を一段高く彫りあらわす技法に奈良時代の彫刻を思わせるものがある。和様【わよう】成立直前の南都(奈良)の作風をしめすものか。

天王立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 彫る / 刳る

関連作品

チェックした関連作品の検索