文化遺産オンライン

鶏蒔絵螺鈿印籠

にわとりまきえらでんいんろう

作品概要

鶏蒔絵螺鈿印籠

にわとりまきえらでんいんろう

漆工 / 江戸

土田宗悦作

江戸時代・19世紀

金薄肉高蒔絵、螺鈿

縦6.0_横5.2

1個

金蒔絵で表わされた縄暖簾を、螺鈿で表わされた鶏が鳴きながら潜る意匠の印籠。鶏の表現は、シルエット風に成形した貝に羽毛を毛彫りするもので、簡潔ながらも要を得ている。作者の土田宗悦は元禄頃の京都の人で、その作風は本阿弥光悦を慕ったという。

鶏蒔絵螺鈿印籠をもっと見る

土田宗悦作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

印籠 / 螺鈿 / 薄肉 / 蒔絵

関連作品

チェックした関連作品の検索