文化遺産オンライン

兎蒔絵印籠

うさぎまきえいんろう

作品概要

兎蒔絵印籠

うさぎまきえいんろう

漆工 / 江戸

江戸時代・19世紀

縦7.3_横5.2

1個

 印籠や根付は、身につける人の趣味を表現する格好の装身具であり、形や意匠にさまざまな趣向が凝らされている。十二支など動物を主題にした作品も比較的に多く見られ、自分の干支やその年の干支を表わした印籠・根付を好んで使った人もいたことだろう。

兎蒔絵印籠をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

印籠 / 根付 / 蒔銘 / 干支

関連作品

チェックした関連作品の検索