文化遺産オンライン

蛇木彫根付

へびもくちょうねつけ

作品概要

蛇木彫根付

へびもくちょうねつけ

漆工 / 江戸

江戸時代・19世紀

高2.8

1個

根付は男性の装身具の一つであり、蛇など十二支の中の動物は着用者の干支を表わすためか、根付によく見られる主題である。蛇の根付にはとぐろを巻く姿のほか、野菜や器物と蛇を組み合わせたものや、なめくじ・蛙と合わせて三竦みを表現したものなどがある。

蛇木彫根付をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

根付 / 印籠 / 干支 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索