Case ("Inrō") with a Tiger and Willow

Details

Case ("Inrō") with a Tiger and Willow

lacquer work / Edo

底裏線刻銘「朝睦作」

Edo period, 19th century

Ivory

縦8.4_横4.7

1個

銘文:底裏線刻銘「朝睦作」

印籠や根付は、身につける人の趣味を表現する格好の装身具であり、形や意匠にさまざまな趣向が凝らされている。十二支など動物を主題にした作品も比較的に多く見られ、自分の干支やその年の干支を表わした印籠・根付を用いる人もいたものと考えられる。20091228_お正月

Related Works

Search items related to work chosen