文化遺産オンライン

猪木彫根付

いのししもくちょうねつけ

作品概要

猪木彫根付

いのししもくちょうねつけ

漆工 / 江戸

線刻銘「一径」

江戸時代・18世紀

高2.8

1個

銘文:線刻銘「一径」

 根付は、印籠や煙草入・巾着などを腰に下げるためのホルダー。身につける人の趣味を表わす格好の装身具であり、形や意匠にさまざまな趣向が凝らされている。十二支など動物を主題にしたものは多く、正月にその年の干支を象った根付を用いる人もいたであろう。

猪木彫根付をもっと見る

線刻銘「一径」をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

根付 / 印籠 / Edo / lacquer

関連作品

チェックした関連作品の検索