アダン筆 ふで

工芸 / 昭和以降 

昭和
全長三四.〇
管長二七.八
管径三.六
1
木村陽山コレクション

アダンとは、熱帯の海岸に広く分布する植物で、沖縄では街路樹などにも使われてなじみ深い。雌株は、うろこ状の実がいくつも集まったパイナップル状の果実をつけるが、この実の一つ一つを天日で干し、果肉の繊維を筆の穂首として使うのがアダン筆である。江戸時代に琉球からもたらされ、特に『雨月物語』の著者、上田秋成(一七三四~一八〇九)はこの筆を好んで多数の作品を残している。

作品所在地の地図

関連リンク

アダン筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新村出所用筆一揃
富岡鉄斎所用筆一揃
檜筆
貂毫古代厨子管筆
橋本独山所用唐物鉄刀木水牛毫提筆
ページトップへ