文化遺産オンライン

山水図巻

さんすいずかん

作品概要

山水図巻

さんすいずかん

絵画 / / 中国

楊文聰筆

制作地:中国

明時代・崇禎元年(1628)

金箋墨画

31.0×577.0

1巻

銘文:崇禎元(1628) ; 崇禎戊辰夏日為石田仁兄画於長安客舎、時余将南行石田展覧如見楊生也 友弟楊文 ; 龍友氏 ; 楊文 印

楊文聡@ようぶんそう@(字・龍友)は貴陽@きよう@(貴州省)の人。明末清初の混乱にあって明の亡命政権につき、最後は福建で清軍に殺されました。題記によれば本作は、楊文聡が石田@せきでん@という人物の送別に際して贈ったもので、画を見たら私を思い出してください、といいます。画中の2人の人物は、楊文聡と石田かもしれません。

山水図巻をもっと見る

楊文聰筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索