文化遺産オンライン

老猿

ろうえん

作品概要

老猿

ろうえん

彫刻 / 明治

高村光雲作

明治26年(1893)

木造

高108.5 幅103.5 奥行76.0

1基

銘文:明治廾六年癸巳春日/香橘高村光雲造/「臣光雲印」(印)「香橘」(印)

重要文化財

本作はシカゴ万国博覧会に出品された大作で、左手には鷲の羽を握りしめ、右手上方を見据えて岩上にすわる大猿の像。大鷲と格闘した直後の、気迫に満ちた猿の姿をいきいきと描写している。時間の経過と鷲の飛び去った後の空間をも内包するスケールの大きな作品である。

老猿をもっと見る

高村光雲作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

光雲 / 高村 / 彫刻 /

関連作品

チェックした関連作品の検索