紙本墨画淡彩野々宮図 しほんぼくがたんさいののみやず

絵画 / 江戸 / 関東 

岩佐勝以
東京都
江戸
紙本著色 掛幅装
縦131.3㎝ 横55.1㎝
1幅
東京都千代田区丸の内3-1-1
重文指定年月日:20181031
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人出光美術館
国宝・重要文化財(美術品)

岩佐又兵衛勝以は戦国武将荒木村重の子で、絵師として京都・福井・江戸で活躍した。本図はかつて福井の豪商が所持した屏風に貼られていた一図で、『源氏物語』の「賢木」に説かれる場面を繊細な墨調とわずかな彩色で描く。又兵衛の福井時代の代表作である。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本墨画淡彩野々宮図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本金地著色洛中洛外図(岩佐勝以筆/六曲屏風)
紙本墨画淡彩弄玉仙図〈岩佐勝以筆〉
傘張り・虚無僧図   
紙本墨画果蔬涅槃図
紙本墨画淡彩瀑布図
ページトップへ