紙本墨画果蔬涅槃図 しほんぼくがかそねはんず

絵画 / 江戸 / 近畿 

伊藤若冲
京都府
江戸
紙本墨画 掛幅装
縦181.7㎝ 横96.1㎝
1幅
京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:20181031
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

伊藤若冲は江戸時代中期の京都で特異な画風をもって活躍した絵師。本図は種々の野菜や果物で涅槃の様子を表したもの。戯画の一種とも言えるが、錦小路の青物問屋の家に育った若冲の面目
躍如たるものがある。水墨技法を駆使した若冲の代表作のひとつである。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本墨画果蔬涅槃図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色菜蟲譜〈伊藤若冲筆/七十七歳の款記がある〉
紙本墨画淡彩瀑布図
紙本墨画蓮池水禽図〈俵屋宗達筆/〉
絹本著色阿弥陀浄土図
紙本墨画淡彩野々宮図
ページトップへ