烏鶴図 うかくず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

伊藤若冲 (1716〜1800)
いとうじゃくちゅう
江戸時代
絹本墨画淡彩 掛幅装
竪116.2cm 横40.7cm
2幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

右幅には満開の白牡丹のもとにたたずむ一羽の鶴を、左幅には白梅の古木のうえを飛ぶ一羽の烏を描く。作者の伊藤若冲は江戸時代中期に京都で活躍した絵師で、ひときわ個性的な作品を描いた。牡丹の花の胡粉によるデフォルメされた描写や、水墨の大胆で巧みな使用など、若冲の特異な描法が十分に発揮されている。右幅と左幅の対角線を意識した構図や静と動の対比もおもしろい。

作品所在地の地図

関連リンク

烏鶴図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本墨画果蔬涅槃図
月渚宿雁図
達磨・布袋・朝陽図
達磨・布袋・朝陽図

狩野探幽/清厳宗渭

虎図
虎図

岸駒

西湖図屏風
西湖図屏風

広渡雪山

ページトップへ