花鳥図押絵貼屏風 かちょうずおしえばりびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 江戸 

18世紀 江戸時代
紙本墨画
各 縦127.7 横51.5
6曲1双

各扇に種々の動植物を水墨で描く若冲の屏風が数セット紹介され、中に宝暦9~11年(1759~61、若冲44~46歳)の年記をもつ屏風があることから、本屏風の制作期も若冲40代半ば頃と推定される。85年におよぶ若冲の生涯の中では、ごく早期の作であり、工房作の多い晩年作とは一線を画する。彩色の「動植綵絵」30幅と同時期の作であり、若冲が着色画と並行し水墨画においても実験的な造形を試みていたことを証する。きびきびとした墨描、独特のシャープな形態、「筋目書き」をはじめ斬新な水墨表現など、若冲ならではの造形実験を示す優品で、先行する鶴亭など長崎派や黄檗絵画からの影響も窺える。

作品所在地の地図

関連リンク

花鳥図押絵貼屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

象と鯨図屏風
象と鯨図屏風

伊藤 若冲

四君子・松・蘇鉄図屏風
花鳥図屏風
花鳥図屏風

佚山黙隠筆

群鶏図
群鶏図

伊藤若冲

松梅孤鶴図
松梅孤鶴図

伊藤若冲筆

ページトップへ