群鶏図 グンケイズ

その他の画像全9枚中9枚表示

絵画 

9面

京都伏見の海宝寺(黄檗宗)の方丈に描かれていたもの。わずかに失われた画面を加えれば、およそ10メートルにもおよぶ連続画面となり、伊藤若冲(1716-1800)の大画面作品としては、大阪の西福寺の同画題画をしのぐ。また本図は、西福寺画が総金地著色画であるのに対して素地水墨画であるが、奇しくも両図は同じく寛政2年(1790)の制作である。若冲晩年期水墨画の基準作例。

作品所在地の地図

関連リンク

群鶏図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊藤若冲筆山水図
絹本著色菜蟲譜〈伊藤若冲筆/七十七歳の款記がある〉
花鳥図押絵貼屏風
絹本墨画蓮池白鷺図
伊藤若冲筆野晒図
ページトップへ