文化遺産オンライン

唐織 紅茶段麻の葉藤色紙短冊模様

からおり べにちゃだんあさのはふじしきしたんざくもよう

作品概要

唐織 紅茶段麻の葉藤色紙短冊模様

からおり べにちゃだんあさのはふじしきしたんざくもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

唐織は刺繍(ししゅう)のような風合いを持つ日本独特の織物。主として女性役のシテ(主役)が着用する表着(うわぎ)に用いられる。紅色の糸が織り込まれた唐織は若い女性役が着用する。地紋に藤と麻の葉、上紋に色紙や短冊を配した凝ったデザインは元禄期に流行した王朝風である。

唐織 紅茶段麻の葉藤色紙短冊模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / Karaori / 女性 / 模様

関連作品

チェックした関連作品の検索