手鑑 てかがみ

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

狩野常信  (1636~1713)
かのうつねのぶ
日本
江戸時代
絹本墨画彩色 折帖装
各 縦25.7㎝ 横29.5㎝
一帖 全30図
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
弘前市 津軽家旧蔵品

津軽家旧蔵品。「昭和三年二月道具調」(弘前市立弘前図書館蔵)で品評Aの「手鑑 養朴筆 一冊」に当るか。中国の画家の作品に倣った一人一枚の色紙を集めた画帖。現行の表装の順序は、徽宗皇帝、牧渓、趙昌、卒翁、舜挙、夏珪、楼観、馬遠、所翁、毛益、玉澗、郭煕、梁楷、張芳汝、范安仁、徐熙、顔輝、日観、李迪、子昭、思恭、柏子庭、月山、髙然暉、蘇東坡、孫君沢、楊補之、用田、檀芝瑞、李安忠。

作品所在地の地図

関連リンク

手鑑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松藤菊図
松藤菊図

鶴沢探泉

山水図屏風
山水図屏風

狩野常信

梅図
梅図

劉世儒

竹図屏風
津軽寧親絵像
津軽寧親絵像

狩野栄信

ページトップへ