木村陽山自製簾筆 きむらようざんじせいすだれふで

工芸 / 昭和以降 

 (1899-1986)
きむらようざん
昭和
全長二八.〇
管長二五.三
管径二.二
1
木村陽山コレクション

本筆は木村陽山自らが製した筆で、簾に毛を置き、巻き重ねて持ち手の部分を柿渋で補強している。古来日本の文人には、水筆を作ろうとした細井広沢、自ら筆を作ろうとしたがついに果せなかった貫名海屋など、筆を自分で作ろうとした例が多い。本筆の考案と実践には、陽山がこの流れに連なろうという思いがあったものかも知れず、興味深い作例である。

作品所在地の地図

関連リンク

木村陽山自製簾筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木村陽山所用古梅園製斑竹管筆 銘 万法帰一
檜筆
貂毫古代厨子管筆
新村出所用筆一揃
唐物竹毫筆
ページトップへ