馬毫沈香天然形管筆 銘 幽人 ばごうじんこうてんねんけいかんひつめいゆうじん

工芸 / 昭和以降 

昭和
全長一九.二
管長九.〇
管径六.三
1
木村陽山コレクション

沈香とは、東南アジア諸国の密林で採取される香木のこと。大きなものは入手が難しく、大変に高価なものであるが、本筆は沈香を筆管として用いており極めて珍しい。握ったとき、ちょうど親指があたる位置が刳り込まれており、長時間使用していると、筆管が体温によって温まり、幽かに甘やかな香りを放ち始めて人を陶然とさせる。これが筆銘「幽人」の由来であろう。木村陽山の依頼によって鳩居堂が作った、稀有な昭和の装飾筆である。

作品所在地の地図

関連リンク

馬毫沈香天然形管筆 銘 幽人チェックした作品をもとに関連する作品を探す

貂毫古代厨子管筆
木村陽山所用古梅園製斑竹管筆 銘 万法帰一
李朝飾筆一双
新村出所用筆一揃
竹内栖鳳所用筆一揃
ページトップへ