桐竹文鏡 きりたけもんきょう

金工 / 安土・桃山 

青家次作
安土桃山時代・天正16年(1588)
白銅、鋳造
径22.5cm
1面

桐と竹枝を鏡の背面いっぱいに表し、下方に「天下一青家次天正十六」と陽鋳しています。青家【あおけ】は京都で活動し、明治時代まで続いた皇室の御用鏡師【ごようかがみし】。この鏡は後陽成【ごようぜい】天皇所用と伝え、皇室ゆかりの桐の文様が豪勢に表現されています。

作品所在地の地図

関連リンク

桐竹文鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松竹双雀葦手鏡
桐紋散双鶴鏡・桐紋蒔絵鏡箱
洲浜菊花双鳥鏡
線刻十一面観音鏡像(萩蝶鳥文鏡)
桐紋柄鏡
桐紋柄鏡

銘「天下一」

ページトップへ