兵範記断簡 ひょうはんき

 / 鎌倉 

藤原定家筆
鎌倉時代・13世紀
紙本墨書
1幅

 『兵範記』は平信範<たいらののぶのり>(1112~87)の日記で、本作は仁安2年(1167)7月7日・8日部分を藤原定家が写したもの。公卿は先人の日記を参照して朝廷の行事を滞りなく進めていた。定家自身も日記『明月記』をつけながら、『兵範記』を参考するために模写したのだろう。

作品所在地の地図

関連リンク

兵範記断簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明月記〈自筆本/天福元年六月記〉
範国記〈長元九年夏秋冬記/〉
熊野御幸記〈藤原定家筆/建仁元年十月〉
明月記〈建久十年春/自筆本〉
明月記〈自筆本/〉
ページトップへ