Dish Figure design in overglaze enamel

Details

Dish Figure design in overglaze enamel

ceramics / Ming Dynasty

Jingdezhen ware, China

Ming dynasty, 17th century

磁製

1枚

天啓赤絵とは、明末の天啓年間(1621~27)に景徳鎮民窯で焼かれた青花に赤絵を加えたものを指します。日本の茶人からの注文制作と考えられます。素朴ながら味わいのある絵付けが魅力ですが、日本では釉が付着できずに生じる、いわゆる虫喰いも好まれました。

Related Works

Search items related to work chosen