古染付蓮池独釣図手鉢 こそめつけれんちどくちょうずてばち

陶磁 /  

中国・景徳鎮窯
明時代・17世紀
磁製
1枚

明の天啓年間(1621~27)に景徳鎮民窯で焼かれた青花磁器。釉の剥がれ、いわゆる虫喰いと枯淡な絵付けが特徴で、これらは日本で「古染付」と呼ばれて人気を集めています。本作品は太公望でしょうか、蓮池に釣り糸を垂らす人物をユーモラスに描いたものです。

作品所在地の地図

関連リンク

古染付蓮池独釣図手鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

五彩人物図皿
五彩人物図皿

中国・景徳鎮窯

古染付羅漢文皿
古染付羅漢文皿

中国・景徳鎮窯

古染付高砂手花入
古染付高砂手花入

中国・景徳鎮窯

五彩蓮池水禽文皿
五彩蓮池水禽文皿

中国・景徳鎮窯

古染付人物文皿
古染付人物文皿

中国・景徳鎮窯

ページトップへ