古染付台布袋香合 こそめつけだいほていこうごう

陶磁 /  

中国・景徳鎮窯
明時代・17世紀
総高6.9 径5.3×4.6
1合

【本館用】古染付とは中国明代末期の天啓(てんけい)年間(1621~27)頃に景徳鎮民窯で日本の注文で作られたもの。この香合は染付形物(かたもの)香合の一種で「形物香合番付」では西方三段目一位とする。脚付きの四方の香合で、摘みとして月を見上げるように座した布袋が添えられる。(20041214_h04)

作品所在地の地図

関連リンク

古染付台布袋香合チェックした作品をもとに関連する作品を探す

呉州染付人物文松皮菱香合
祥瑞茄子香合
祥瑞茄子香合

中国・景徳鎮窯

古染付手桶形水指
古染付手桶形水指

中国・景徳鎮窯

呉須赤絵牡丹文香合
呉須赤絵牡丹文香合

中国・漳州窯

古染付櫂文六角水指
古染付櫂文六角水指

中国・景徳鎮窯

ページトップへ