文化遺産オンライン

古染付手桶形水指

こそめつけておけがたみずさし

概要

古染付手桶形水指

こそめつけておけがたみずさし

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

明時代・17世紀

高24.8 径18.2×15.0

1合

中国明末に景徳鎮民窯で焼かれた手桶形水指。本作品のように素地が粗く、古拙な趣を醸した明末の青花を日本では「古染付」と呼び、親しんできた。それらは茶湯道具として日本から注文されたものと考えられている。花鳥のほか、水辺の生き物を描いた爽やかな一品。

古染付手桶形水指をもっと見る

中国・景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Ming / /

関連作品

チェックした関連作品の検索