文化遺産オンライン

古染付人物文皿

こそめつけじんぶつもんさら

作品概要

古染付人物文皿

こそめつけじんぶつもんさら

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

明時代・17世紀

磁製

高2.3 径22.1 高台径14.5

1枚

南宋の詩人、楊万里(誠斎)の「初夏午睡起」の詩と、この詩に詠まれた情景が詩情豊かに描かれています。明末に景徳鎮民窯で焼かれたいわゆる古染付で、口縁部が下がっていることから、実用よりも観賞を目的とした皿と考えられます。

古染付人物文皿をもっと見る

中国・景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Ming / /

関連作品

チェックした関連作品の検索