青磁円硯 せいじえんけん

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 南北朝(六朝)   

中国
南北朝~隋時代・6~7世紀
径17.2 高5.3 重746
1面

13本の脚が付く円形の硯。褐色がかった青磁釉が施されている。脚の端部には蓮弁文があらわされている。ほぼ同形の硯が四川省や湖南省で発見されており、中国南部で焼造されたものと考えられる。朝鮮の百済においてこの形式の硯の模倣が行なわれている。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁円硯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁蓮弁文六耳壺
白磁円硯
緑釉小円硯
青磁蓮弁文盤
青磁草花文硯屏
ページトップへ