後拾遺和歌集(中院切) ごしゅういわかしゅう なかのいんぎれ

 / 平安 

伝源実朝筆
平安時代・11~12世紀
彩箋墨書
21.0×9.9
1幅

藍・紫の飛雲を漉き込み、金銀の揉み箔が散らされている装飾料紙に、端正な連綿の仮名で書写されている。もとは粘葉装の冊子本だったもの。江戸時代初期の公卿で能書である中院通村(1588~1653)が所持していたため「中院切」と呼ばれる。広田不孤斎旧蔵。ルビ:とびくも、も(み)はく、れんめん、でっちょうそう、のうしょ、なかのいんみちむら、ふっこさい

作品所在地の地図

関連リンク

後拾遺和歌集(中院切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中院切(後拾遺和歌集)
古今和歌集 巻第四巻首(筋切)
村雲切
村雲切

伝寂然筆

古今和歌集巻十七断簡(通切)
敦忠集切
敦忠集切

伝藤原行成筆

ページトップへ