村雲切 むらくもぎれ

 / 平安 

伝寂然筆
平安時代・12世紀
彩箋墨書
1幅

金銀の小切箔を全体に撒いた料紙に、紀貫之の歌集『貫之集』を書写したもの。もとは粘葉装の冊子本だった。訂正の書き込みの箇所は藤原定家によるもので、定家が所持していたと考えられる。平安時代末期のくせの強い仮名である。ルビ:こきりはく、ま(いた)、りょうし、きのつらゆき、でっちょうそう、ふじわらのていか、

作品所在地の地図

関連リンク

村雲切チェックした作品をもとに関連する作品を探す

敦忠集切
敦忠集切

伝藤原行成筆

貫之集〈第五残巻、第八/(村雲切本)〉
後拾遺和歌集(中院切)
古今和歌集 巻第四巻首(筋切)
法門百首切
法門百首切

伝寂然筆

ページトップへ