文化遺産オンライン

騎獅文殊図

きしもんじゅず

作品概要

騎獅文殊図

きしもんじゅず

絵画 / 室町

霊彩筆、龍崗真圭賛

室町時代・15世紀

紙本墨画金彩

1幅

銘文:龍崗真圭賛

重要文化財

 霊彩は15世紀中頃を中心に活躍した。特徴的な衣文線(えもんせん)と繊細な淡墨による暈(ぼか)しを用いて水墨の道釈画に独自の画風を開いた。文殊と獅子の毛髪を描く線は流麗で、持物や衣、獅子の毛髪には精細な金泥線が添えられ、獅子の右下に「霊彩筆」の金泥落款がある。(2005/08/30)

騎獅文殊図をもっと見る

霊彩筆、龍崗真圭賛をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / 水墨

関連作品

チェックした関連作品の検索