Dish Agueweed design in overglaze enamel

Details

Dish Agueweed design in overglaze enamel

ceramics / Edo

Nabeshima ware

Edo period, 18th century

高4.2 口径15.0 底径8.0

1枚

鍋島(なべしま)藩が将軍や大名への献上品として焼いた色絵磁器を色鍋島という。色鍋島の画題には、ありふれた身近な草花がよく取り上げられている。円形の画面に破綻なく収められた藤袴の図は、完璧な技巧で仕上げられており、色鍋島ならではの洗練が見て取れる。

Related Works

Search items related to work chosen