文化遺産オンライン

波に千鳥嵌物火鉢

作品概要

波に千鳥嵌物火鉢

漆工 / 室町

室町時代・16世紀

1合

 蓋表には金の平蒔絵を主体に洲浜に橘、空に群れ飛ぶ千鳥の図を表わす。画面の左半に主要なモチーフを描き込む構図は室町時代に大いに流行したもので、文台や硯箱によく見受けられる。おそらく当時盛んに輸入された中国絵画の影響によるものであろう。 

波に千鳥嵌物火鉢をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

硯箱 / 蒔絵 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索