Aburachoezu

油町絵図

Details

Aburachoezu

油町絵図

絵図・地図 / 江戸 / 富山県

組頭・市郎右衛門、七兵衛

くみがしら・いちろうえもん、しちべえ

富山県高岡市

正徳2年/1712年

紙本・墨書,一部彩色

〔本紙〕縦201.2cm×横79.6cm
〔全体〕縦244.8cm×横92.2cm
〔軸長〕97.2cm

1

富山県高岡市古城1-5

資料番号 1-02-33

高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

現在の京町・大町の油町は本町(開町当初にできた地代無料の町)35町の一つ。当町には油屋が多くあり、当町の御用として、瑞龍寺から前田利長墓所までの八丁道の石灯籠に、点灯用の油を供給していた。
 本図は、組頭・市郎右衛門、七兵衛両名が作成した。周囲3方を用水が取り囲み、近隣の町々へ抜ける脇道が明記される。また宅地ごとに屋号や人名、間口の長さが記され、役地・地子地・懸地などがあわせて書かれている。
 当館の油町絵図は、断簡、欠損などあるが、本資料を含め計7点所蔵している。

Related Works

Search items related to work chosen