葉鹿上町の屋台
(旧名称 山車(葉鹿上町))
はじかかみちょうのやたい
(きゅうめいしょう だし(はじかかみちょう))

その他 / 関東 

江戸後期
 屋台は檜材漆塗仕上げの四輪車の屋台組で、車輪の前後幅をせばめ渡御巡行に適するように作られている。また屋台には別に囃子方の下座があり、唐破風の華麗な彫刻をもったものであ…
屋台は高さ450cm、屋台上は舞台にして間口280cm、奥行260cm、うち後方部に横280cm、縦100cm、高さ30cmの台座が設けられている。また、屋台駐車固定時には屋台両翼に間口150cm、奥行260cm、の張出…
1台
足利市指定
指定年月日:19731102
有形文化財(美術工芸品)

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

葉鹿上町の屋台
(旧名称 山車(葉鹿上町))
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

葉鹿下町の屋台<BR/>(旧名称 葉鹿下町の山車)
葉鹿仲町の屋台<BR/>(旧名称 山車)
朝代神社祭礼芸屋台・見送幕
松本屋台
城端神明宮祭の曳山行事
ページトップへ