文化遺産オンライン

法華経 巻第四 断簡(戸隠切)

ほけきょうまきだいよんだんかんとがくしぎれ 

作品概要

法華経 巻第四 断簡(戸隠切)

ほけきょうまきだいよんだんかんとがくしぎれ 

/ 平安

藤原定信筆

平安時代・12世紀

紙本墨書

1幅

料紙は、鼠色、薄藍、薄紅色などの漉返紙で、1行8基の宝塔形を雲母で刷り出した中に、経文を行書で書写します。筆者は藤原行成5代の孫で、一筆一切経を23年間で成し遂げた藤原定信です。戸隠神社に伝来したので、「戸隠切」とよばれます。

法華経 巻第四 断簡(戸隠切)をもっと見る

藤原定信筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

藤原 / 定信 / 断簡 / 朗詠

関連作品

チェックした関連作品の検索