文化遺産オンライン

山水図

さんすいず

作品概要

山水図

さんすいず

絵画 / 江戸

海北友雪筆

江戸時代・17世紀

絹本淡彩

125.4×63.9

2幅

海北友雪は、安土桃山時代の巨匠海北友松の子として京都に生まれた。宮中の御用を勤めるほか、春日局らの推挙により、徳川家康にも用いられた。父友松のような気迫には欠けるが、さまざまな画法を器用にこなした。晩年は狩野派に接近した画風となる。(ゆうしょう かすがのつぼね)

山水図をもっと見る

海北友雪筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

友松 / / / 桃山

関連作品

チェックした関連作品の検索