文化遺産オンライン

花鳥図屏風

かちょうずびょうぶ

作品概要

花鳥図屏風

かちょうずびょうぶ

絵画 / 江戸

海北友雪筆

江戸時代・17世紀

紙本着色

各153.0×174.2

2曲1双

友雪は安土桃山時代の代表的画家の海北友松(かいほうゆうしょう)の子で、宮中の御用絵師を務め、春日局(かすがのつぼね)の推挙もあって、第3代将軍徳川家光(とくがわいえみつ)にも取り立てられた。画風が軽妙で、典雅な親しみやすい作品が多い。さまざまな画題を手がけた友雪には意外に花鳥画は少なく貴重な大作といえる。

花鳥図屏風をもっと見る

海北友雪筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

友松 / 屏風 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索