一行書 「花開万国春」 いちぎょうしょ  はなひらきてばんこくのはる

 / 江戸 

池大雅筆
江戸時代・18世紀
紙本墨書
縦126.9 横27.0
1幅
銘文: ;

春の爛漫さを象徴し、大雅に限らず好まれてよく揮毫される句です。臨済宗の名のもととなった唐時代の禅僧・臨済義玄の語録『臨済録』の一節が、典拠として推考されます。おおらかで屈託のない書風からは、筆者の感じた春の光景が想像されるようです。
ルビ:りんざいぎげん

作品所在地の地図

関連リンク

一行書 「花開万国春」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一行書「直透萬重関」
一行書「窓外白雲深」
一行書「不労心力」
一行書「不労心力」

夢窓疎石筆

墨蹟「不生」
一行書「松無古今色」
ページトップへ