文化遺産オンライン

一行書「惑乱多少人来」

いちぎょうしょ わくらん たしょうのひときたる

作品概要

一行書「惑乱多少人来」

いちぎょうしょ わくらん たしょうのひときたる

/ 江戸

江月宗玩筆

江戸時代・17世紀

紙本墨書

128.5×29.1

1幅

大徳寺第156代。別号欠伸子。春屋宗園(しゅんおくそうえん)の法嗣(はっす)。茶道をよくし、大徳寺境内に建立された寸松庵(すんしょうあん)および弧篷庵(こほうあん)の開祖。寛永20年(1643)70歳で没した。後水尾(ごみずのお)天皇から大梁興宗の禅師号をうけた。「惑乱多少人来」を書いたもの。

一行書「惑乱多少人来」をもっと見る

江月宗玩筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 大徳寺 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索