一行書「窓外白雲深」 いちぎょうしょ そうがいはくうんふかし

 / 江戸 

玉室宗珀筆
江戸時代・17世紀
紙本墨書
1幅

玉室宗珀は江戸初期の臨済僧。春屋宗園に師事し、大徳寺の147世住持となりました。沢庵宗彭や江月宗玩らと親しく、後陽成天皇や加賀・前田家の帰依を受けました。紫衣事件で寛永6年(1629)から3年陸奥国(福島県)棚倉に配流されました。太めの筆を用いて大らかに運筆されています。

ルビ:たくあんそうほう、こうげつそうがん、しえ

作品所在地の地図

関連リンク

一行書「窓外白雲深」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一行書「惑乱多少人来」
一行書「直透萬重関」
寒山拾得図
寒山拾得図

伝周文筆 春屋宗園(1529~1611)賛

一行書  「花開万国春」
祖師図
祖師図

暁牕賛

ページトップへ