山水画賛 さんすいがさん

 / 江戸 

沢庵宗彰筆・烏丸光広画
江戸時代・17世紀
1幅

 江戸時代初期の公卿で歌人・能書として知られる烏丸光広(からすまるみつひろ)の描く山水画に、大徳寺第153代の住持沢庵宗彭が「太崋萬餘丈、三星遶月處」の賛と自署を加えたもの。光広とその参禅の師である沢庵との交流を物語るものとして重要である。   (2004/11/23_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

山水画賛チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東行記
東行記

烏丸光広筆

関屋図屏風
関屋図屏風

俵屋宗達筆、烏丸光広賛

富士画賛「冨士の根の」
和歌一首懐紙  「雪中富士」
一行書「直透萬重関」
ページトップへ