東行記 とうこうき

その他の画像全18枚中16枚表示

 / 江戸 

烏丸光広筆
江戸時代・17世紀
彩箋墨書
1巻

 烏丸光広は江戸時代初期の公卿。古今伝授を受けるほか、歌人として著名である。彼は朝廷と江戸幕府の斡旋役として度々江戸に下向したが、この1巻はその折の紀行文をもとに、和歌やスケッチを加えた旅日記である。光広独自の書風を確立した晩年の筆跡。(こきんでんじゅ) 
(2004/11/23_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

東行記チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東行記
東行記

烏丸光広

聚楽第行幸和歌巻
聚楽第行幸和歌巻

烏丸光広筆

山水画賛
山水画賛

沢庵宗彰筆・烏丸光広画

関屋図屏風
関屋図屏風

俵屋宗達筆、烏丸光広賛

富士画賛「冨士の根の」
ページトップへ