襦袢 縹繻子地蝶花の丸模様 じゅばん はなだしゅすじはなのまるもよう

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1領

細川蓮性院(れんしょういん)の前で演じられた「京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)」に用いられた5領の襦袢の内の1領。椿(つばき)・桜・菖蒲(しょうぶ)・紅葉(もみじ)といった花の丸紋をたっぷりとした刺繍(ししゅう)であらわし、坂東三津江の家紋である茗荷(みょうが)を象(かたど)った蝶模様を刺繍であしらう。現状では左袖が失われている。20100308_h09

作品所在地の地図

関連リンク

襦袢 縹繻子地蝶花の丸模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

襦絆 鬱金繻子地桜模様
襦袢 紅縮緬地流水山吹模様
振袖 水浅葱繻子地枝垂桜模様
着付羽織 萌黄繻子地的矢模様
帷子 白麻地椿立木寿字模様
ページトップへ