文化遺産オンライン

太刀

たち

作品概要

太刀

たち

その他

長船秀光

南北朝時代・明徳4年(1393)

1口

銘文:銘 備州長船秀光 / 明徳二二年二月日

備前長船鍛冶の秀光は南北朝時代に活躍した刀工で、一説に基光【もとみつ】の門人という。しかし同名が室町時代に及んでおり、数代続いたと思われる。この太刀は明徳4年(1393)の銘があるが、その姿は鎌倉時代のものに近く、樋中に「大悲多門天」の名号【みょうごう】が彫られている。(旧題箋)

太刀をもっと見る

長船秀光をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

長船 / 兼光 / 太刀 / 備前

関連作品

チェックした関連作品の検索