壺形土器 つぼがたどき

その他の画像全4枚中4枚表示

考古資料 / 縄文 / 北海道 

出土地:北海道小樽市手宮出土
続縄文時代(前期)・前2~前1世紀
土製
高34.1 口径10.5 底径8
1個

「角のある人」や「杖をもつ人」など、続縄文時代の線刻壁画で著名な国指定史跡「手宮洞窟」周辺から出土した大形の壺形土器である。この壺形土器の出土状況は不明だが、その大きさや口縁部をわずかに欠く遺存状況から墓の副葬品として納められたものと推測される。

作品所在地の地図

関連リンク

壺形土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

顔面付壺形土器
壺形土器
壺形土器
下野出流原遺跡出土品
壺形土器
ページトップへ