仏涅槃図 ぶつねはんず

絵画 / 鎌倉 

鎌倉時代・14世紀
絹本着色
192.5x137.1
1幅

平安時代までの涅槃図は視点が低く、登場人物たちに近接した横長の画面形式が多いが、鎌倉時代以降は、宋様式を下敷きにした、視点を高くとった俯瞰的な縦長構図の形式が主流となる。また登場する動物の数も増えるのも特徴である。本図も鎌倉時代以降の形式を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

仏涅槃図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仏涅槃図
仏涅槃図
絹本著色 仏涅槃図
仏涅槃図
絹本著色仏涅槃図
ページトップへ