華南三彩鳥形水滴 かなんさんさいとりがたすいてき

その他の画像全4枚中4枚表示

陶磁 

中国
16世紀
①長さ8.0㎝・幅4.3㎝・高さ6.0㎝ ②長さ8.2㎝・幅4.3㎝・高さ6.2㎝
2点

16世紀後半、日本に盛んに輸入されていた華南三彩陶器の一器種で、水面に浮かぶ水鳥をかたどった水滴。背中部分に注入部があり、くちばしが注ぎ口となる。羽根の模様には、肩羽・雨覆羽・風切羽・尾羽と思われる部位が表現されており、目にはアイリング(目の周辺)や目尻、目先などが表現されている。くちばしの上には鼻孔も表現されるなど、鳥の特徴をよくとらえて作られている。

作品所在地の地図

関連リンク

華南三彩鳥形水滴チェックした作品をもとに関連する作品を探す

華南三彩鳥形水注
華南三彩鳥形水注(燭台)
華南三彩印花魚藻文稜花盤
埴輪 水鳥
交趾香合(鳥形)
ページトップへ