Kanansansaitorigatasuichuu

華南三彩鳥形水注

Details

Kanansansaitorigatasuichuu

華南三彩鳥形水注

陶磁

安土桃山時代

高さ14.6×長さ20.7×幅10.7

1点

16世紀後半、日本に盛んに輸入された華南三彩陶器の一器種で、水面に浮かぶ水鳥をかたどった型押し成形の水注。背中部分に注入部があり、くちばしが注ぎ口となる。頸部にはもう1羽の顔が確認でき、反対側からみると寄り添い首を巻き付けるような状態で表現されている。羽根の模様から鴨を表現したものと考えられており、鴨形水注と呼称されているものである。

Search by Kanansansaitorigatasuichuu

Search by 大分市歴史資料館

Keywords

/ / Ewer /

Related Works

Search items related to work chosen