華南三彩鳥形水注 かなんさんさいとりがたすいちゅう

その他の画像全4枚中4枚表示

陶磁 

安土桃山時代
高さ14.6×長さ20.7×幅10.7
1点

16世紀後半、日本に盛んに輸入された華南三彩陶器の一器種で、水面に浮かぶ水鳥をかたどった型押し成形の水注。背中部分に注入部があり、くちばしが注ぎ口となる。頸部にはもう1羽の顔が確認でき、反対側からみると寄り添い首を巻き付けるような状態で表現されている。羽根の模様から鴨を表現したものと考えられており、鴨形水注と呼称されているものである。

作品所在地の地図

関連リンク

華南三彩鳥形水注チェックした作品をもとに関連する作品を探す

華南三彩鳥形水滴
華南三彩鳥形水注(燭台)
華南三彩刻花文水注
交趾香合(鳥形)
華南三彩印花魚藻文稜花盤
ページトップへ