文化遺産オンライン

一行書「松無古今色」

いちぎょうしょ まつにここんのいろなし

作品概要

一行書「松無古今色」

いちぎょうしょ まつにここんのいろなし

/ 江戸

清巌宗渭筆

江戸時代・17世紀

紙本墨書

1幅

『禅林句集』等にある禅語「松無古今色、竹有上下節」からの引用で、松の葉は常に青々としていることから、時代を経ても不変であるものの喩【たとえ】の意。茶道の真髄に通じることから茶席等によく用いられる。清巌も茶の湯に通じた高僧でこの句を好んで揮毫【きごう】している。(h082_110418)

一行書「松無古今色」をもっと見る

清巌宗渭筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ ぎょうしょ / Line / 一行

関連作品

チェックした関連作品の検索